原創翻譯:龍騰網 http://www.uhhij.com.cn 翻譯:無限回憶 轉載請注明出處
論壇地址:http://www.uhhij.com.cn/bbs/thread-485937-1-1.html

なぜ「異世界転生」は若者にウケ続けるのか?

為什么“異世界轉生”能夠一直受年輕人歡迎?



徹底的にストレスのない物語を求めて

徹底地追求愉快的閱讀體驗(爽文)


一般のユーザーが自作の小説を投稿できるサイト「小説家になろう」。同サイトからデビューした作家の津田彷徨氏は、數字を武器にこのサイトの特徴を徹底的に分析してきた。津田氏によれば、このサイトから登場した「なろう系」と呼ばれる作品は、「読者に徹底的にストレスをかけない」という傾向を持つという。なぜそうした物語が出てくるのだろうか。

普通的用戶也可以投稿自創小說的網站“成為小說家吧”。從該網站出道的作家津田彷徨先生以數字為武器一直在分析這個網站的特征。據津田先生透露,在這個網站投稿的小說“成為系”,大都是為了讓讀者能夠有一個“愉快的閱讀體驗”。那么為什么會變成這樣呢?


“小説家になろう”をご存知ですか?

您知道“成為小說家吧”嗎?





そんな「小説家になろう」に投稿されている小説作品群は、一般的に『なろう系』などと呼ばれています。
上記の三作品は例外に屬するのですが、一般的な認識における『なろう系』作品はどの作品もまるで金太郎飴のように、“平凡”な主人公が“異世界転生”をして文明度の劣る世界で“現代知識”をひけらかし“ハーレムを築く”という、非常に明確な「願望充足型」作品の一ジャンルとしてみなされる事が多いとされています。

在“成為小說家吧”網站上投稿的作品一般被稱為“成為系”。上述的三部作品倒是屬于例外,一般來說無論哪部“成為系”作品都是同個套路,“平凡”的主人公“轉生到異世界”,在文明度較低的世界賣弄自己的“現代知識”來“開后宮”,這些作品的目的都是非常明確的,就是為了討好讀者。

つまり、「読んでいて気持ちよくなれる」ことに重點をおいた內容であると言えるかもしれません。

總之,可以說這些小說的重點內容就是“閱讀之后心情可以變得愉快”。


このなろう系の典型的なお約束とも言うべきパターンは、“なろうテンプレ”などとも稱されることもありますが、小説家になろうがここまで興隆した理由の一つは間違いなくこの“なろうテンプレ”が構築されたことにあると考えます。

可以肯定“成為小說家吧”會這么有生命力的原因之一,就是搭建起了“套路文”體系。





実際のところ、現在の小説家になろうの作品群の源流は、アニメ化などもされた大ヒット作品である『ゼロの使い魔』シリーズの二次創作に端を発するという見方があります。

實際上現在的小說家網站一開始就是通過創作動畫化了的極具人氣的“零之使魔”的同人作品起家的。


もちろん著作権的な問題もあり、現在は小説家になろうにおいて二次創作作品は制限されているのですが、この二次創作文化自體は小説家になろうというサイトに根強く殘り、同サイト內で人気作品が現れればよく似た設定やストーリー進行の作品が次々と出現するという現象がしばしば観測されます。

當然會存在著作權的問題,現在小說家網站限制了二次創作作品,但是二次創作本身在小說家網站已經根深蒂固,在該網站一出現人氣的作品很快就會有大量的設定、劇情相似的作品冒出頭來。


日常に組み込まれる作品

融入日常生活的作品


しかしこうした作品の作者は設定やストーリー進行を「似せる」という認識ではないと考えられます。

不過作者并沒有認識到這些行為是在“模仿”。


むしろ、和歌の作成技法である本歌取り(古典の一部を取って新たな作品に用い、作品の世界に膨らみを持たせる技法)に極めて近い「解釈による二次創作文化」が、このサイトの根底に存在するが故であると考えられるのです。

這很接近和歌的創作手法“取本歌”(取本歌,在和歌創作中,吸取古代和歌中的語句、構思、情趣等等創作新和歌的手法)。所以二次創作文化才會在這個網站根深蒂固。


このなろう的本歌取りを用いた作品作りのことを、私はゲーム制作ソフトをもとに『ツクール的作品作り』と表現しています。

這種模仿手法我以游戲制作軟件為參考稱之為“作品制造”


プログラム言語を知らなくても、またキャラを描けなかったりBGMを作曲できなくても、RPGツクールと呼ばれるゲーム制作補助ソフトを使用すればゲームを作り上げられるのと同様、小説を書く際に參考となる様々なパーツを共有物として使用できるわけです。

就算不會程序語言、不會創作人物、不會作曲作畫,也可以使用“RPG制作大師”制作游戲,這些“成為系”的小說也是一個套路,用現有的元素、情節組成一個新故事(比如退婚流之類的?)。

(注:RPG制作大師,對于那些認為「制作游戲非常困難」的人,『RPG Maker XP』的操作非常簡單。首先是制作冒險舞臺的地圖,再完成主角、怪物、物品、魔法等 RPG 必要元素的設定。最后設置完事件,您原創的 RPG 就完成了。制作地圖只要按設定排列好每個地圖元件就行了。主角和怪物等也是,選擇預先打算使用的圖片,輸入完名稱、能力值等設定就完成了。——百度百科)

激しい競爭の中で、作品は日常に組み込まれる

在激烈的競爭中,小說融入了日常生活





これを可能とするのが、WEB小説ならではといえる編集者を介さない物語づくりです。つまり常に作家が自分のタイミングで物語を読者に対し直接出力し続けられる環境の強みが、この「日常の中に物語を組み込む」という試みを可能としているのでしょう。

使這樣的事情成為可能的原因就是web小說在創作的時候沒有編輯的干擾。也就是說作者可以用自己的方式通過小說向讀者對話,這點正是讓“故事融入日常生活”成為可能的原因。


ただ當然ながらこのシステムにも欠點はあります。例えば獨りよがりとなりえる作者の物語づくりを、物語づくりに関するプロである出版社の編集者はより良い方向へ正してくれることも少なくないからです。そんな編集者が介在しない作品において誰が作品を導くのか……それはWEB小説の読者なのです。

當然這也有缺點。比如說作者自我感覺良好的劇情會被專業人士——出版社的編輯往好的方向修正。但是沒有編輯存在的web小說該由誰來引導呢?…答案就是小說的讀者們。


ストレスが高いと読者が離れる

給讀者喂shi的話讀者就會棄文


読者が「プロデューサー感覚」を抱ける

給讀者一種“自己是制作人的感覺”


実際に編集者が介在しないために、作者と読者との距離感が極めて近いことがWEB小説の特徴です。

實際上因為不存在編輯,所以作者和讀者的距離非常近,這也是web小說的特征。


読者も作者も互いに作品に関して會話を重ねる感想欄という場が用意されており、作中の誤字からストーリー展開に至るまで、ここで作者と読者の間で交わされた會話は物語に反映されることもしばしば見受けられます。

網站準備了讀者可以和作者對話的感想評論欄,從作品的錯別字到故事的發展,這一切讀者都可以和作者互相討論。


その意味においてWEB小説の読者は、自分の気に入った作品や作者を育てる監督であり、そして作者や作品をランキングの上位や商業へと羽ばたかせるプロデューサーの役割を擔います。言ってしまえば、あの作者はワシが育てたという認識を得ることができるとも言えるでしょう。

從這一層面上來說,web小說的讀者就是培養自己中意的作品和作者的監督,并且擔當著讓作者、作品的排名提升,走向商業化的負責人。


これは商業という場において明らかなアドバンテージとなります。何しろデビューしたての新人にもかかわらず、最初から自分を育てたと認識してくれているファンがたくさんついてくれているのですから。

這在商業化中是巨大的優勢。畢竟哪怕是剛出道的新人,也是有一大堆“這孩子是我一手帶大的”的忠實粉絲跟隨著。


この點は一般的な新人賞出身の作家に比べ、商業面に置いてもWEB小説出身者の大きな優位性となってきました。また見方を変えれば、最初から読者が多數ついた新人作家という異例の存在であるWEB出身作家は、作品の刊行にあたり自己プロモーションが既にWEB上でなされています。

這和一般的新人大賞出道的作家相比,在商業化方面簡直是巨大的優勢。并且這些在web連載作品的作家如果要出道的話,相當于早已在網站宣傳了自己。


それ故に低コストの宣伝費用で済むことから、新文蕓と呼ばれる新たに生まれた無數の出版社のレーベルに置いて重寶がられた一面があるとも言えるでしょう。

因此不需要花費太多的宣傳費用,無數的出版社都把小說家網站看成是新文藝的瑰寶。





だからこそ作者もそして読者も現実の自分と登場人物を重ね合わせ、主人公に不快な思いをして欲しくないという感情や、鬱な展開を忌避する傾向が顕著に現れます。

所以作者還有讀者都會把現實中的自己帶入到登場人物中,不會希望主角碰到不愉快的回憶或者傾向于避開虐主的展開。


実際にこれらは小説家になろうの話數別のアクセス解析という機能を使用することで、明確に數字をもって主人公が不幸となった回で明確に読者離れが起きていることが把握できます。

實際上可以通過分析訪問數量,通過明確的數字了解到在主角遭遇到不幸的章節讀者減少的數量。


また小説家になろうのランキングを統計処理しても、物語の谷とも呼べるパートでは如実に數字の低下を認めることがわかっています。

還有通過統計排行榜,在故事之谷的頁面可以清晰了解到排名數字的降低。


鬱な展開で読者離れが起きる→その結果がアクセス解析によって明らかになる→それを作者が見て鬱な展開を避けようとする……といった具合に、循環的にストレスがかかる展開が排除されていくことになりえるのです。

因為主角不幸的遭遇而讓讀者棄文→通過分析訪問量了解詳情→作者看到后避免虐主的展開…像是這樣,形成了一個避發生免虐主情節的循環。


競合はスマホゲーム

競爭對手是手游


さて、このようななろう系小説に関しては、一部では「異世界日記」などと表現されることもあるようですが、それは言い得て妙だと思います。

那么,關于這些成為系小說, 有一部分是以「異世界日記」為表現形式的。


日記であるがゆえの日常體験……つまりリアリティを感じられる程度の過剰過ぎないギリギリの幸福が持続し、物語が緩やかな上昇カーブを描くことが、読者を満足させる一つの最適解と考えられるからです。

日記就是日常生活的體驗…總之就是讓人能感受到真實感,維持極限的幸福感,故事情節進展緩慢——這些是讓讀者滿足的最優解。





PCからのアクセス比率が高かった2013年頃は、ランキングを上がるために最適な作品の一話あたりの文字數は5000文字以上となっていました。しかし現在は2000〜3000文字が、1話あたりの最適な文字數となってきています。つまりこのことは、読者が毎日一作品に対して割く時間が短縮されて來ているということを意味します。
一般的にSNSとの連動性が高いと言われるネット小説ですが、無數の例外はあるものの改めてこうしてその人気の成立過程と置かれている環境を踏まえると、ストレスフルな現代社會に対するある種の救いとしてなろう系小説が求められていると言えるのかもしれません。

電腦端訪問量高漲的2013年的時候,為了提高排名獲取讀者,一章節的字數最好在安排到5000字以上。但是現在一章節字數最好控制在2000~3000字。總之就是縮短了讀者每天閱讀作品的時間。
可以說這些小說之所以會受到歡迎,是回應在高壓力的現代社會中人們的某種求救信號。